柿渋石鹸 薬用有効成分、無添加について

柿渋石鹸を選ぶポイントは?柿タンニン、薬用有効成分、無添加について

柿渋石鹸の効果

 

柿渋の臭いケア効果や殺菌効果に注目が集まる中、柿渋石鹸を愛用する方が増えています。

 

臭いのもとをブロックするので、おじさんの気になる中年臭から、ブーツに蒸れた女性の足の臭いまでケアしてくれる嬉しい石鹸なのです。

 

ドラックストアなどで購入できる市販のリーズナブルな商品から、ちょっと高級な通販限定商品まで、色々なタイプの柿渋石鹸が販売されています。

 

その中からどんな柿渋石鹸を購入すれば良いか迷った時には、ぜひ成分をチェックしてみてください。

 

そして柿渋石鹸の魅力をより感じることができる商品を選びましょう。

 

 

柿渋石鹸の成分とは?

 

柿渋石鹸の成分とは

 

柿渋石鹸とは、柿タンニンという渋柿から抽出される成分が配合された石鹸のことです。

 

柿タンニンには、臭いの根本ケアができる効果や殺菌効果に優れていることから、最近注目されているのです。

 

この柿渋パワー人気に合わせて、多くの柿渋石鹸が販売されるようになりました。

 

しかし、柿渋石鹸なら何でも良い、というのはちょっと違います。

 

同じ柿渋石鹸であっても、入っている成分が異なるので、柿渋パワーに違いが出てくるのです。

 

柿渋石鹸を選ぶ時には、3つのポイントを考慮して成分をチェックしてみてください。

 

それは「柿タンニンの配合量」「医薬有効成分」「無添加」です。

 

詳しくご説明していきたいと思います。

 

 

柿タンニンの配合量について

 

柿タンニンの配合量

 

柿渋石鹸の主役成分は柿タンニンです。

 

渋柿には独特の渋みがあるのですが、この渋みが柿タンニンです。

 

ポリフェノールの一種であり、柿渋の液を醗酵することで得られます。

 

柿タンニンには、臭いケアをしたい方に嬉しい効果が2つあります。

 

1つ目は、臭いの原因となる悪臭成分にアプローチすることでその悪臭を変えることができる効果です。

 

もう2つは、イヤな臭いを増やす原因となる菌の繁殖を防ぐ殺菌効果です。

 

この2つの効果により、臭いに対して根本からケアしてくれるのです。

 

そこで、柿渋石鹸を選ぶ時に注目したいのが、柿タンニンの配合量です。

 

柿渋石鹸と名乗っていても、肝心の柿タンニンはほんの少ししか配合されていないかもしれません。

 

それでは本当の柿渋石鹸の効果は得られないでしょう。

 

成分表には、配合量の多い順番で成分が並んで書いてあります。

 

柿タンニンがなるべく前の方に表示してある商品を選ぶと良いでしょう。

 

 

薬用有効成分について

 

薬用有効成分について

 

様々な柿渋石鹸商品を見ていると、薬用柿渋石鹸と「薬用」という文字がついている商品と、ついていない商品があります。

 

薬用〇〇とは、厚生労働省で効果・効能が認められた有効成分が入っている医薬部外品ということになります。

 

第三者に評価されている商品ということなので、とても信頼性が高いのです。

 

柿渋石鹸を選ぶ時には、できるだけ「薬用」と表示のある商品を選ぶようにしましょう。

 

 

無添加について

 

無添加について

 

柿渋石鹸は臭いケアをしたい方に向けた石鹸です。

 

臭いに悩む肌は、とてもデリケートで敏感な状態にありあます。

 

そこで大切なのが、低刺激の石鹸を選ぶということです。

 

そこで確認しておきたいのが無添加であるかということです。

 

無添加石鹸とは、肌の刺激になる可能性がある成分が入っていないということです。

 

刺激となる成分は「合成界面活性剤」「防腐剤」「合成着色料」が挙げられます。

 

 

合成界面活性剤

 

ボディソープなどには合成界面活性剤が入っています。

 

これは優れた洗浄効果があるのでスッキリ洗い上げてくれるというメリットがあるのですが、必要な潤いや皮脂まで奪ってしまうというデメリットがあるのです。

 

これにより肌が乾燥してガサガサになったり、肌環境が乱れることで様々な肌トラブルが起きてしまう事があるのです。

 

柿渋石鹸は天然の洗浄成分でやさしく体を洗ってくれる石鹸です。

 

合成界面活性剤が入っていないことを確認するようにしましょう。

 

 

防腐剤、合成着色料

 

品質を保って使いやすくするために防腐剤や合成着色料が使われますが、肌に刺激を与えてしまうことが懸念されています。

 

このような刺激成分が入っていない商品を選びましょう。

 

特に成分表の前の方に表記がある時には、要注意です。

 

 

このような刺激成分が入っていない無添加石鹸を選ぶことにより、しっかり臭いケアをしながらにも、肌に負担はかけずに済むのです。

 

少し値段が高いとしても、無添加の柿渋石鹸を選ぶことをおすすめします。

 

 

以上、柿渋石鹸を選ぶ時に気を付けたい成分についてご説明してきました。

 

柿渋石鹸は非常に多くの商品が販売されています。

 

その中からクオリティの高い商品の選ぶためには、ただパッケージなどの謳い文句を見るだけでなく、成分表をチェックしてみてください。

 

柿タンニンはたっぷり入っているか、逆に悪い成分は入っていないか、しっかり確認するようにしましょう。

 

今話題の柿渋石鹸は、様々なメーカーから色々販売されています。中には柿渋石鹸とは言い難い、疑わしいものまで。そこで、私管理人が効果や価格、評判を参考に本当にお勧めできる柿渋石鹸を7つ紹介します。初めての方や、本当の柿渋石鹸を体感したい方、ご参考にしていだければと思います。 ⇒当サイトおすすめの柿渋石鹸7選!ランキング形式で紹介

page top